はりまスマートスクールプロジェクト スマートスクールを目指すたのめのポータルサイト
お問合せ SiteMap
Magazines

HSSPってなに?

実行委員会

HSSP発

NETDAY

はりまスマートスクールプロジェクト実行委員会設置要綱

目的

第1条 教育の情報化を学校とともに、地域の企業、大学、行政、市民の協働により推進し、その実践を通じて、新しい地域社会づくりのモデルをめざした「はりまスマートスクールプロジェクト」(以下「プロジェクト」という。)を円滑かつ効果的に実施するため、「はりまスマートスクール実行委員会(以下「委員会」という。)」を設置 する。

事業

第2条 委員会は、次に掲げる事業を実施する。
(1) プロジェクトの企画・運営に関する事業。
(2) プロジェクトの普及・啓発に関する事業。
(3) その他、プロジェクト実施に関する事業。

構成

第3条 委員会は、別表に掲げる委員とアドバイザーで構成する。

委員会

第4条 委員会には委員長を置く。
2 委員長は、委員の互選によって定める。
3 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。
4 委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けた時は、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代理する。

総会

第5条 委員会の会議(以下、「総会」という。)は、委員長が招集する。
2 総会は、所定メーリングリスト等においても開催することができる。
3 委員長が必要と認めた時には、総会に委員以外の者の出席を求めることが出来る。
4 アドバイザーは総会に出席することができる。

総会の議決事項

第6条 総会は次の事項を決議する。
(1)事業計画、予算の決定
(2)事業報告及び決算の承認
(3)その他実行委員会の運営に関する事項

ワーキンググループ

第7条 委員会にワーキンググループを置くことが出来る。
2 ワーキンググループに属する委員は、委員長が指名する。

庶務

第8条 委員会の庶務は、プロジェクト事務局において処理する。

補則

第9条 この要綱に定めるもののほか、委員会及びワーキンググループの運営に関し必要な事項は別に定める。

附則

(施行期日)
1 この要綱は、平成11年7月20日から施行する。

(この要綱の失効)
2 この要綱は、平成12年3月31日限り、その効力を失う。

(招集の特例)
3 この要綱の施行の日以後最初に開かれる委員会は、第5条第1項の規定に関わらず、プロジェクト・ゼネラルマネージャーが招集する。

以上



Copyright(C)2005 HSSP All Rights Reserved.